若手インタビュー⑤

若手社員インタビュー⑤ A.N.

面倒見のよい先輩に教わりながら
スキルアップできる
やりがいのある仕事

アウトドアが好きで趣味は登山。一人で登ることも仲間と一緒に行くこともありますが、美しい景色を見ると癒されます。当社は休みも取りやすく趣味が充実させられます。覚えることはたくさんありますが世の中の役に立つやりがいがある仕事ですし、やさしい先輩が多いので楽しいです。

体を動かして技術を活かす仕事がしたい
高校時代は電気を専門に勉強し、第二種電気工事士資格を取得していました。就職にあたり、デスクワークでなく体を動かす仕事がしたいと考えました。関工パワーテクノは電力インフラを支える重要な仕事を関われますし、学んだことや資格を活かせると思って希望しました。新人研修後、柏崎刈羽事業所に配属され、お客様の発電所の発電機に関わる安全管理と工事監理に携わっています。
現場で学びながら仕事を覚える
学校で学んだ電気の基礎知識はもちろん役立っていますが、実際に現場に出ると初めて経験することばかりで最初は少し戸惑いました。見たことがない機械や道具、聞いたことがない専門用語などが多くて、工事の内容や自分のすべきことを理解するまでが大変です。その度に先輩やまわりの方に聞くのですが、いつも親切に説明してもらえるので、一つひとつ学びながら仕事を覚えることができました。
成長を実感し、さらなるスキルアップを目指す
最近では指示されたこと以外でもやるべきことが見えてきて、「こうしますか?」と先回りして提案できるようになり、先輩に褒められることもあって成長を感じます。今より高度な工事に携われる第一種電気工事士資格を目指し、先輩に教わりながら準備し、併せて危険物取り扱いの資格取得の勉強もしています。現在は屋外の配電工事が中心ですが、建物の中で内線工事などにも関われるよう、分野を広げていきたいと考えています。

一日の
スケジュール

  • 7:30事務所に出勤
    その日の業務を確認

    敷地内の現場に移動し、
    発電所のメンテナンス作業

  • 12:00昼休み

    ランチは母の作ってくれたお弁当
    午後もメンテナンス作業などの
    工事監理・安全管理
    作業ができない台風などの際は書類仕事やケーブルなどの資材の準備

  • 17:30片付けて終業

    現場の道具置忘れなどをチェック
    日報を書いて終了